サカクラの想い

ご挨拶

昨今、日本酒は著しく急成長しているマーケットです。香味特性など技術的にも大きな進歩を遂げ、その人気ぶりは今や国境を越えて広がっています。

私は24歳の頃、両親の営んでいた実家の酒屋からこの業界でのキャリアをスタートさせました。
日本酒のコンクールでファイナルまで勝ち進んだり、日本酒の講演講座を受け持ったり、日本酒の魅力をいち早く捉え、日本酒専門のバーを経営したりと、とにかく日本酒と向き合ってきました。
その中で日本酒の香味特性もさることながら日本酒には人と人を繋ぐ大きな魅力があることを自分の経験で知ることが出来ました。

乾杯や酌み交わすという文化、四季折々の自然を愛でてお酒を飲むという文化、日本酒を通して日本の歴史や伝統などの素晴らしさを垣間みることができます。弊社が運営するバーでも、初めて会ったお客様同士の日本酒をきっかけとする沢山の出会いが生まれております。

日本酒を飲むという角度だけではなく、人と人を結ぶご縁のきっかけとして、一生忘れられない日本酒をご提案するために「サカクラ」をスタートさせました。

今までにない結婚相談所の形ですが、人と人とのご縁を日本酒でプロデュースさせていただけたら幸いです。
旨い日本酒に出会ったとき、そこにはあなたの素晴らしい出逢いがあることでしょう。ぜひお気軽にお問い合わせください。

人口減少国日本の少子化問題を解決したい

今後の日本が間近に直面する、少子化問題や地方都市の人口減少。
それは日本の伝統である日本酒の継承にも大きく関わってきます。

2025年問題、超高齢化社会へむけた想い

2025年問題と言われるようになり、超高齢化社会が加速するとともに、5人に1人の成人が恋愛経験もない世代が誕生すると言われています。それに伴い、生涯未婚率も非常に高くなると予想されるため、結果的に子供の出生数が激減します。

日本の未来、子供の将来を明るく輝かしいものにするための1つのお手伝いとして、
結婚・恋愛のサポートを積極的に行って参りたいと思います。

人の生き方をトータルサポートしたい

飲み物、食べ物、体、心…サカクラは関連する様々なコンテンツをご用意しています。
また、オリジナルの日本酒、彫刻ボトルなど人生の色々な場面で活用できるアイテムもご用意しており、生涯に渡るお付き合いをさせていただきたいと考えています。

日本酒を通して、日本を元気にしたい

日本酒の消費量の減少、酒米農家の減少、酒蔵の後継者不足など、日本の古き良き伝統である日本酒造りは、危機的状況にあります。私たちはこのような状況を見過ごすことはできません。

日本酒の魅力が今以上に広く世に知られ、日本酒消費量の増加と普及、または酒蔵がある地域の活性化をめざし、日本酒の伝統を守りながら、新たな提案やアクティブなイベントなどを開催し、日本酒を通して日本を元気にする活動を行います。